日常に於いて気になったモノ、出来事、関心事を綴っています。そして気ままに自作のフリー素材もアップしています。また、パンダなどのキャラクターを用いたTシャツ、長袖シャツなどのオリジナルインナーグッズも紹介しています。是非ご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking←クリックいただけると元気になります
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
三島由紀夫を【観る】 『からっ風野朗』、『黒蜥蜴』('68)
三島由紀夫を【観る】

有楽町の改札を出てすぐにあるビックカメラ最上階の角川シネマ有楽町で開催されている「三島由紀夫を【観る】」に行ってきました。
この「三島由紀夫を【観る】」という映画祭は、三島由紀夫さんの原作映画と自らが出演した作品の中で上映可能な23作品を一挙に上映する催しです。23作品の中で先週はご自身が主演をした『からっ風野朗』、そして今週は人形役で特別出演をした『黒蜥蜴』('68)を観ました。

からっ風野朗

まずは『からっ風野朗』から。
作家の三島さんが俳優を務めた貴重な作品です。作品の監督からの演出は厳しかったものの、俳優に徹し監督の命令に従い完成した作品で、終盤の撮影では切り傷を負ってしまい入院するという事態もあったそうです。


映画序盤のクレジットタイトルでは、正直、三島さん以外は知らない方ばかり・・・。そんな中で発見したのが2時間ドラマの帝王・船越英一郎さんのお父様・船越英二さんのお名前。英二さんの演技は、テレビや映画などであまり観た記憶がないのですが、白髪で優しいお顔立ちは何となくイメージできていました。
三島さんが演じるヤクザの兄弟分役で出演していた英二さん、スラっとした身長で笑顔の優しいイケメンでした(当時37歳!?)。スクリーンの英二さんを観ている内にアルピニストの野口さんとお顔立ちが若干かぶってしまったのは私だけでしょうか?笑顔の雰囲気が似ているんです。

それ以外に気になった俳優さんは、この作品のキーパーソンとなるゼンソクの政を演じた俳優さんです。喘息を患っているので目の下にクマのメイクを施した不健康そうなお顔の俳優さん。
うーん・・・この人、どっかで見たことあるかも・・・そんな予感を持ちつつも、上映中は思い出せませんでした。
早速、帰宅後にネットで調べてみると『女王蜂』、『天河伝説殺人事件』や『八つ墓村』の市川崑監督作品に出演している神山繁さんだったんです。
この映画では髪も七三分けで、シュっと締まったアゴのラインのクールな殺し屋役なのですが、やはり面影はありますね。

今回の作品、三島さんの貴重な演技も印象的で良かったですし、今現在シニア世代の俳優さんの若かりし頃の風貌を楽しめるのもいいですね。

黒蜥蜴('68)

そして今週は『黒蜥蜴』('68)を観ました。
この作品は今でもDVD化されず、このような機会がないと観ることができない作品なんです。ですから場内も前回観た『からっ風野朗』よりもお客さんで込み合っていました。

なんと言ってもこの68年の黒蜥蜴には改名する前の美輪明宏さんが丸山明宏の名前で主演しています。女盗賊の黒蜥蜴こと緑川夫人を演じているのですが、美輪さんの妖艶な姿と演技が緑川夫人にぴったりでした。

そしてこの作品のもう一つのお楽しみは特別出演している三島さんと美輪さんのキスシーンです。
ブルース・リーのような締まった体の三島さんは、夫人により人形にされてしまうのです。そんな人形の三島さんに美輪さんがそっとキスをするんです。
この演技、wikiによると、三島さんが演技本番の後に「何故もっと長くしてくれないの?」と不満を漏らしたそうです。このキスシーンは三島さんが美輪さんとキスするためにわざわざ仕込んだシーンだったとか。

ピカチュウが前世の美輪さん=金髪というイメージが強いのですが、黒髪で怪しい微笑を浮かべる緑川夫人役の美輪さんも素敵でした。

この三島由紀夫を【観る】の映画祭、上映期間は6/3(金)までの限定です。ご興味のある方はお早めにどうぞ。

FC2 Blog Ranking←クリックいただけると元気になります
スポンサーサイト
スパイダーマン3
スパイダーマン3

製作年 :2007年
製作国 :アメリカ
2007年5月1日公開
監督 :サム・ライミ
出演 :トビー・マグワイア

去年公開され記録的なヒットをたたき出した人気シリーズのスパイダーマン3をDVDにてチェックしました。およそ公開から一年の経過になります^^;

製作費に2億5800万ドル(約290億円)が投じられただけあって、とても迫力のある映像が印象的です(クレーンのシーンはかなり釘付けにされ見入ってしまいました)。また相変わらずスパイダーマンが糸を使ってニューヨークの街を颯爽と飛び回る姿は見ていて爽快です。スピード感とまるで自分が空中を舞っているようなカメラの素晴らしいアングルに魅了されます。

迫力ある映像で毎回楽しませてくれるこのスパイダーマンシリーズですが、私がこの作品を気に入っている理由は、映像以外にも必ず作品の中に道徳的な要素が込められており、迫力ある映像だけで終始するようなただのアクション映画では終わらない部分です。また、今回は人間関係に於いて大事なテーマである「友情」を感じさせる素敵な内容でした。老若男女問わず楽しめる映画なのですが、なんと言っても子供に安心して見せられる質の高い映画だと思われます。

一部の情報によると主演のトビー・マグワイアはスパイダーマンの続編への出演は拒んでいるようですが・・・。観客、映画会社ともに続編は期待しているのではないでしょうか。バットマンのようにシリーズよって役者さんを使い分けるのでしょうか!?気になるところです。

楽天市場で『スパイダーマン3』をチェック

FC2 Blog Ranking←クリックいただけると元気になります
saw3
saw3

製作年 :2006年
製作国 :アメリカ
2006年11月18日公開
監督 :ダーレン・リン・バウズマン
出演 :トビン・ベル

グロ映画のsawシリーズ最新作であるsaw3を鑑賞しました。

やはりあの凄惨ぶりは健在で、今回も痛々しいシーンの数々でした。前回までの2つのシリーズと比較すると、グロさは今回が一番際立っているような気がします。ホラー好きな私はある程度の恐怖映像には免疫があるのですが、そんな私でさえも目を覆いたくなるようなシーンが所々に見られました。

いくら映画だと言え、このグロを考えだした製作者の精神・・・とてもおぞましいものを感じます。ただ単なるグロ映画で終始するのではなく、緻密に計算された内容がここまでシリーズ化できた人気の所以でもあるとおり、今回も終盤で「あっ!」と驚かせてくれます。

作品を見終えて、「あーこれで完結か」と私自身思えたのですが、ネット上の一部の噂では続編説が浮上しています。今度はどんな展開なのでしょうか?スターウォーズのように・・エピソード1なんて過去を遡る内容なのでしょうか!?

楽天市場で『saw3』の最安値をチェック

FC2 Blog Ranking←クリックいただけると元気になります
2007年 第79回アカデミー賞

本日、2007年度のアカデミー賞の授賞式が行われました。
今回は日本人と縁の深い作品が何点かノミネートされており、例年にも増して日本人の注目を集めていました。
その1つがクリント・イーストウッド監督による渡辺謙などの日本人俳優が何人か出演した「硫黄島からの手紙」でした。この作品は日本でも去年の年末に公開された作品なので、ご存知の方も多いかと思います。そしてもう1つは助演女優賞にノミネートされた菊地凛子さんが出演した「Babel/バベル」でした。

日本人快挙の大きな期待の中で執り行われた授賞式でしたが、惜しくも日本勢がオスカーを手にする結果には至りませんでした。また、日本で人気のレオ様ことレオナルド・ディカプリオもノミネートされつつも受賞とはならず惜しい結果に終わりました。

受賞作品の中には日本では公開済みの物から、未公開の物まであります。今後、映画を鑑賞される際に参考にされてはと思います。
結果は以下の通りです^^

作品賞
The Departed/ディパーテッド

主演男優賞
フォレスト・ウィテカー
(The Last King of Scotland/ラストキング・オブ・スコットランド)

主演女優賞
ヘレン・ミレン
(The Queen/クイーン)

助演男優賞
アラン・アーキン
(Little Miss Sunshine/リトル・ミス・サンシャイン)

助演女優賞
ジェニファー・ハドソン
(Dreamgirls/ドリームガールズ)

監督賞
マーティン・スコセッシ
(The Departed/ディパーテッド)

長編アニメ賞
Happy Feet/ハッピーフィート

楽天市場で『ディパーテッド』の最安値をチェック

FC2 Blog Ranking←クリックいただけると元気になります
変態男
変態男

製作年 :2005年
製作国 :ベルギー、フランス
日本未公開
監督 : カルロ・フェランテ
出演 : オリヴィエ・グルメクリスティーン・グルロワ

「え!?・・俺のコト?」そんな問いかけをしたくなるようなタイトルに思わず手を伸ばしてしまい、まんまと観てしまいました^^;
原題は「Ordinary Man」で直訳すると「普通の人」です。内容を見終えて完全に日本版のタイトルである「変態男」に釣られてしまいました。
平凡な男が突発的なことで殺人を犯してしまい、そこからその殺人犯である変態男の話が始まります。ユーロ映画だけあって、ハリウッド系のホラーサスペンスとは違った雰囲気を醸していました。途中痛々しいシーンもありましたが、ホラー色よりもサスペンス色の強い不思議なお話でした。

もし私が邦題をつけるなら「変態男」ではなく「トランク女」にしたいと思います。

楽天市場で『変態男』の最安値をチェック

FC2 Blog Ranking←クリックいただけると元気になります
ページの最上部へ戻る

copyright © 2008 日々の関心事、へ~なブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。