日常に於いて気になったモノ、出来事、関心事を綴っています。そして気ままに自作のフリー素材もアップしています。また、パンダなどのキャラクターを用いたTシャツ、長袖シャツなどのオリジナルインナーグッズも紹介しています。是非ご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking←クリックいただけると元気になります
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
地元のお祭り
盆踊り

今日は地元の神社でお祭りがありました。午前中は雨でしたが、午後からは徐々に雨は弱まり夜にはすっかり上がっていました。

社会人なるとこの時期には夏休みという感覚が薄れてしまうのですが、学生の皆さんは夏休み中なんですよね。お子さんもチラホラいて夏休み中のお祭りを楽しんでいる様子でした。
同じ社会人でもお子さんのいる既婚者さんは、夏休みを未婚の社会人の方よりも身近に感じるかもしれませんが。

こういった地元のお祭り、ドコモのスマホのCMではありませんが、ご無沙汰していた地元の同級生に偶然遭遇・・・なんて展開もあったりして、ドキっとしますね。

FC2 Blog Ranking←クリックいただけると元気になります
スポンサーサイト
井の頭公園散策
井の頭公園

吉祥寺駅の南口から徒歩5分くらいの場所にある井の頭公園に行ってきました。正式名所は井の頭恩賜公園(いのかしらおんしこうえん、Inokashira Park.)と言い、総面積は約380,000m2にもなる広々とした公園です。

この時期の炎天下での外出は暑さがかなり堪えるのですが、沢山の緑に覆われた井の頭公園では気持ちのいい森林浴ができました。さすがに直射日光の元ではかなりの暑さを感じるのですが、緑の木陰に入ると心地よい風を感じ、 体感温度が下がり涼しさを感じてることができます。舗装された園内は歩きやすく散策向けで、ウォーキング好きな方にもピッタリのコースです。

井の頭公園
FC2 Blog Ranking←クリックいただけると元気になります
第16回川崎大師の風鈴市
川崎大師の風鈴市

この夏の節電対策として注目されている昔ながらの涼風アイテムと言えば風鈴です。そんな風鈴が一堂に会した催しがこの川崎大師の風鈴市で、日本最大規模であるこの風鈴市は今回が16回目だそうです。
都道府県別に様々な風鈴が展示されていて、見慣れた物からユニークな風鈴、はては国外の風鈴までが大集合していました。ちなみに出品されている風鈴は900種類30,000点に及ぶそうです。

川崎大師の風鈴市

大本堂前に一列に飾られた風鈴、心地よい音色が涼を感じさせてくれます。

川崎大師の風鈴市
川崎大師の風鈴市

川崎大師のオリジナル風鈴と言えば「厄除だるま風鈴」です。紅白達磨が愛嬌たっぷりでカワイイ風鈴です。

川崎大師の風鈴市

お馴染みの岩手の南部鉄器風鈴です。

川崎大師の風鈴市

鹿児島県の薩摩切子風鈴です。ちなみにお値段は1つ63,000円です。風鈴に施された切子の細工が光りに反射してキラキラ煌きとても華やかな一品でした。

川崎大師の風鈴市
川崎大師の風鈴市
川崎大師の風鈴市

会場で一番高価な風鈴がこちらの1,000,000円の「18金製風鈴」でした。

FC2 Blog Ranking←クリックいただけると元気になります
赤くて大きな実の丹波ほおずき 台東区 浅草寺の「ほおずき市」
台東区 浅草寺 ほおずき市

毎年、台東区の浅草寺でお馴染みの「ほおずき市」に行ってきました。一鉢2,500円で販売されていて沢山のお客さんで賑わっていました。
このほおずき市の9日、10日に同寺の浅草観音にお参りすると46,000日分の御利益があるとされているそうです。毎年、約50万人の方が訪れるそうです。

台東区 浅草寺 ほおずき市

お店の方のお話によると、ほおずきを長持ちさせるコツは直射日光を避け、日陰で育てることがポイントだそうです。

台東区 浅草寺 ほおずき市
台東区 浅草寺 ほおずき市
台東区 浅草寺 ほおずき市

鉢のほおずき以外にも、実だけを寄せ集めた物も売られていました。
鉢のほおずきを買った際に添えてもらえる風鈴、この季節にぴったりな涼を感じさせてくれるアイテムです。

台東区 浅草寺 ほおずき市
FC2 Blog Ranking←クリックいただけると元気になります
横浜そごう 蕗谷虹児展
横浜そごう 蕗谷虹児展

横浜のそごう美術館で開催されている魅惑のモダニスト・蕗谷虹児展に行ってきました。戦前から戦後にかけて、少女雑誌を中心に圧倒的な人気を誇った画家・蕗谷虹児(1898-1979)の美少女がの数々、可愛らしさが溢れる少女の絵から大人っぽい美人画まで約600点が展示されていて、とても見応えのある展覧会でした。

また会場では絵画だけでなく、蕗谷虹児が制作に携わった「夢見童子」と言うアニメーションを楽しむことができます。
入場料は大人1,000円、大学・高校生800円、中学生以下無料で、期間は7月18日の祝日 までとなっています。お土産コーナーでは蕗谷虹児の作品は勿論のこと、同じ美人画ジャンルで有名な中原淳一の作品などもありました。

FC2 Blog Ranking←クリックいただけると元気になります
ページの最上部へ戻る

copyright © 2008 日々の関心事、へ~なブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。